東大阪市での太陽光発電システム導入について

東大阪市では、各家庭における地球温暖化防止の施策として、太陽光発電システムの設置について、補助金制度を設けています。
この制度の目的は、近年、温室効果ガスの排出により地球の温暖化が問題となっているところ、各家庭からの温室効果ガスの排出量を減らすことが念頭にあります。
今までの発電方法では、発電時に二酸化炭素などの温室効果ガスの発生が不可避であり、さらに石油などの天然資源を使わなくてはならず、地球環境に悪影響を及ぼしていました。
しかし、太陽光発電では、太陽の熱エネルギーを電力に変えるため、天然資源を使わず、さらに発電時に温室効果ガスを排出しないため、環境に優しい発電方法といえます。
ただ、太陽光発電システムの設置に対しては、多額のコストを要するため、その設置を躊躇する人も多く居ました。
そこで、東大阪市では、設置に対しての補助金を支出することで、コスト負担を減らして、太陽光発電システムの設置を促進する制度を設けました。
この制度導入により、補助金を申請して太陽光発電システムを導入する人が増加しています。