大阪における太陽光発電の環境作り

大阪府では、太陽光発電に対する補助金を出していませんので、太陽光発電システムの導入にためらいを感じる人がまだ多いのではと思います。
けれど、国による太陽光発電システム導入への補助金があるほか、大阪府下の各都市が独自に導入している補助金がありますので、その二つを組み合わせることで大阪における太陽光発電システム導入の負担も軽減されてきます。
住んでいる都市によって、補助金の金額は変わってきますから、大阪においては補助金を出している都市から順番に太陽光発電が普及していくのではないでしょうか。
そうやってどんどん補助金を出している都市での太陽光発電システムの導入が進んでいくにつれ、今はまだ補助金を出していない都市でも、補助金を出すことが検討されていくと思います。
首都直下型地震が警戒されている東京のことを考えると、西の首都ともいえる大阪に太陽光発電システムがどんどん普及していくことは大いに頼もしいことです。
とりわけ関西は原子力発電への依存度が高く、関西にも大きな地震が起こった場合、原子力発電所をストップさせる必要も生じてきます。
そのとき、大阪に太陽光発電システムによる発電という力があれば、東京がマヒした場合の首都機能をカバーすることが可能になります。
各家庭はもちろん、病院や行政関係の建物に太陽光発電が導入されていれば、いざというときに急場をしのぐだけの電力確保の手段は確立している、ということになります。
それを考えると西の首都的存在としての大阪に、太陽光発電システムが普及しやすい環境がどんどん広がっていくことが期待されます。