説明と設置状況

太陽光発電システムの基幹部品となる太陽電池は、太陽光エネルギーから電気を作り出す発電機の役割をしています。
効率がよく生産コストの安い太陽電池に開発に向けて太陽光発電システムの製造メーカーは日々技術開発を続けており、市販されている太陽電池は数種類あります。
現在住宅用太陽電池として日本国内の太陽光発電システム製造メーカーが製造販売している種類は、大きく分けるとシリコン系太陽電池と化合物系太陽電池に分類できるでしょう。
<シリコンは人体に無害で、化合物系は人体に有害なのではないかと考える方がおられるかもしれませんが、太陽電池の内部に設置している半導体の主原料がシリコンか化合物かの違いで、どちらも人体には無害です。
東大阪市に設置されている住宅用太陽光発電システムは、シリコン系太陽電池の比率が70パーセント前後ですが、今後化合物系太陽電池の割合が増えて数年後には50パーセントずつシェアを分け合うだろうと推測されています。