得をしたいのなら早めに設置したい太陽光発電

太陽光発電のシステムを導入すると、国や地方自治体から補助金がでます。
この補助金制度をよく知らないと、「もらい損ねた!」「思っていたより少ない」ということがあるので注意が必要です。
地方自治体の多くは補助金の総額が決まっています。
そして、申請は早い者勝ちです。
特に市町村の場合は総額が小さいので、早めに申請した方がお得です。
しかし、地方自治体の申請期間は限られています。
ある市町村では、20日間にも満たない期間で受付を終了しているのです。
またその地方自治体は、申請件数を限定しているためより早く申請しなければなりませんでした。
調べると、総額・申請期間に加え地方自治体毎に条件が異なることに気が付くでしょう。
この点も注意が必要です。
必ず補助金制度がどのような状況にあるのか問い合わせないと思わぬ損をします。
一方国の補助金はというと、こちらは年度が変わり補助金が下がっています。
今年度と同じ補助金が来年度も得られるとは限りません。
こちらも早いほうがお得なのです。